法人|防犯カメラ

【防犯カメラ】選ぶポイントは5つ!選ぶ方法を解説します

お困りごと
お困りごと
防犯カメラはどうやって選べばいい?

この記事では、防犯カメラの選び方を5つのポイントから解説をしていきます。

せっかく防犯カメラを導入しようとしたのに、いざ検討を始めたら

PC、スマートフォンと同じように防犯カメラも種類が多くて何を選んだらいいか分からない。もう考えるのも嫌だ。

こんな状態になっていませんか?

確かに防犯カメラは年々普及が進み、今では一般の家庭への導入も増えてきているため、防犯カメラ自体の種類も多いです。

そのためこの記事では、防犯カメラを始めて購入する人が何をどう選べばいいのか考えるポイントを整理しました。

ぜひ購入前には、防犯カメラを選ぶ5つのポイントを参考にしてみてください。

この記事からわかること
  • 防犯カメラを選ぶ際のポイントがわかる
  • どうやって防犯カメラを選べばいいか分からない状態から脱する
<想定読者>
  • 防犯カメラを始めて買う
  • どうやって選べばいいか分からない
  • 買う際にチェックすべき点を知りたい

防犯カメラの選び方①設置場所

防犯カメラの設置場所は決まっていますか?

防犯カメラを主に設置する場所は、天井、壁面、卓上の主にこの3つ。天井や壁面の場合は、ご自身で取り付けるのは難しいため、業者を選定して工事をしてもらうことになります。

さらに設置する場所が、屋内なのか、屋外なのかをはっきりさせる必要があります。

防犯カメラは、屋内に設置するか、屋外に設置するかで、カメラに必要な性能や、必要な工事、備品が変わります。

もし室内に置く場合は、防塵防水の対策も不要で、卓上に置くだけのタイプを選べば、自分で設置するDIYにて簡単に設置が完了。

もし仮に「屋外の壁面に設置する場合」とすれば、壁面のどこへ防犯カメラを設置するのか、設置場所までの配線はどうするのか、電源は近くにあるかなど、考慮すべき点があります。

まずは防犯カメラの設置場所を決めましょう!

設置場所が決まれば、おのずと防犯カメラに必要な機能は決まってきます。

防犯カメラの選び方②工事内容

防犯カメラを選ぶ際には、工事内容についてもあわせ考えるのが大切です。

防犯カメラ自体は、Amazonや楽天で数千円~数万円で販売していますが、それらの多くは自分で工事をするDIYを前提としたもの。

そのためカメラを設置する場所を決め、設置する防犯カメラが決まったら、防犯カメラを購入する前に「誰が、どうやって工事するのか」忘れずに考えてください。

安さだけでAmazonや楽天で買ってしまい、自分で工事ができなければ、工事だけをしてくれる業者を探すか、最悪の場合は防犯カメラ自体を買いなおす場合も。

機器を購入してもらえず、工事だけ業者へ任せる場合は、得てして高くなりがち。誰が、どうやって工事するのか、忘れずに決めましょう!

防犯カメラの選び方③録画方法

次に防犯カメラの録画を方法を決めましょう。

主な録画方法は次の3つ。

  1. 防犯カメラに挿入したSDカードに録画
  2. 防犯カメラとSSDやHDDのレコーダーと接続し録画
  3. 防犯カメラをインターネット経由へクラウドへ接続し録画

SDカードは防犯カメラ本体にSDカードを挿入するため、レコーダーやクラウドを用意したり、接続する必要もありません。そのためコストが安いのが特徴ですが、録画した映像の確認には、防犯カメラ設置場所へ行きSDカードを抜く必要があります。

SSDやHDDのレコーダーは、複数台のカメラを1か所に保存をすることが可能でSDカードに比べれば、運用が簡単です。しかし録画装置は容量にもよりますがある程度の費用が発生し、機器の劣化のため5~10年程度で買い替えが必要になります。

クラウドはレコーダーをインターネット上のサーバーに設置する方法です。実際のレコーダーを設置するわけではないため、機器の劣化を心配する必要はありません。しかしクラウドは月額の使用料が発生する場合が多いです。

防犯カメラの録画方法によって、それぞれメリット、デメリットがあります。

まずは実際の利用シーンを想定してから、運用の容易さ、導入コスト、ランニングコストを考えるのがおすすめです。

防犯カメラの選び方④購入前後のサポート

防犯カメラを選ぶ際には、購入前後のサポートについても確認が必要です。

Amazonや楽天で機械を購入しても、各カメラメーカーのメーカー保証くらいしか保障がありません。せっかく設置した防犯カメラの録画映像を確認しようとしたら、何か問題が発生していて録画映像を見れない。

そんなことになったら、防犯カメラを設置していても意味がありません。

防犯カメラを設置してから、実際に運用することでカメラの設置場所や、接続方法、録画できる時間など、実際に運用してから気が付くことも多いはず。

そのため防犯カメラや録画方法に加え、購入前後のサポートも大切なポイントになります。

防犯カメラの選び方⑤コスト(費用)

防犯カメラを選ぶ際にも、コスト(費用)を考えるのは欠かせません。しかし大切なのは防犯カメラを設置する目的です。

もちろん人によると思いますが、防犯カメラの設置を検討されている方は、何か確認をしたり、ご自身を守るために防犯カメラの設置を検討されているはず。

コストを考えるのも大切ですが、なんのために防犯カメラを設置するのか、防犯カメラを設置することで何を守りたいのか。

コストを重視するあまり、いざという際に目的を果たせなければ本末転倒です。

まとめ

防犯カメラの選び方について、お伝えをしてきました。防犯カメラを選ぶには、次のポイントから考えてみてください。

要点まとめ
  1. 設置場所
  2. 工事内容
  3. 録画方法
  4. 購入前後のサポート
  5. コスト(費用)

防犯カメラを選ぶには、これら5つのポイントから検討をしてみてください。

そして防犯カメラを設置する目的のために、どうすればいいのかを考えてみる。5つのポイントを考えるのも大切ですが、設置する目的をはっきりさせて、守りたい対象をはっきりさせるのも大切です。