法人|光回線

光回線工事|トラブルやクレーム例は?早めに対応が解決する秘訣

この記事では、光回線の工事でトラブルやクレーム例と解決方法について、解説をしていきます。

法人向け光回線|工事内容や必要な時間、工事までの期間を解説

光回線の工事を調べると、意外に工事トラブルが多いのに気が付きませんか?

工事が終わらなかったり、工事業者が来ないなど予期せぬことがおきることもありもあります。

でも光回線の工事トラブルは、スケジュールに余裕さえあれば解決する場合が多い。

この記事では、光回線工事のトラブルや苦情について、トラブル例からどんなことに気を付けるべきか、具体的に解説をしていきます。

法人向け光回線|工事内容や必要な時間、工事までの期間を解説この記事では、光回線の工事について、実際の工事内容や掛かる時間、工事までに必要な期間やあらかじめ準備すべき内容について解説します ...

光回線の工事でトラブル?よくある5つの例

光回線の工事でトラブルが起きないか不安を抱えていませんか?

「光回線の工事ができなかった」

「光回線の工事をしたらモノが破損した」

せっかく光回線を申し込んだのに、使う前の工事でトラブルを抱えたくないですよね?

光回線の工事では、トラブルになるパターンはだいたいい一緒です。

良くあるのは次の5つの例。

  1. 工事日が延期になる
  2. 当日に工事業者がこない
  3. 光回線が通らない
  4. 隣人から光回線工事を断られる
  5. 工事中に床や壁、家具が傷つく

まずは良くある光回線のトラブル例から、なぜトラブルになってしまうのか、防ぐにはどうすればいいか、確認していきましょう!

光回線工事|トラブル例① 工事日が延期になる

もっとも多い光回線工事のトラブルが、急な工事日の延期です。

光回線の工事は、申し込みから工事までに2週間~1ヶ月ほど掛かります。

やっと工事日を迎えたのに、工事日が延期になるのは誰もが嫌。

特に仕事で光回線を使う法人の方は困りますよね?

オフィスや店舗などで電話やインターネット回線がないなんてトラブルに。

工事日が延期になってしまうのは、「申し込み内容の不備」「光回線設備の不備」などいくつか原因があります。

光回線の急な工事延期を防ぐなら、申し込みから工事日に余裕を持つしか解決策はありません。

光回線工事|トラブル例② 当日に工事業者がこない

光回線工事の当日に、工事業者がこないトラブルも多いです。

工事当日に工事業者がこなければ、申し込んでる方は驚きますよね?

でも理由を考えてみれば、意外に起こりやすいんです。

  • 前の工事時間が想定以上に長引いて時間に間に合わない
  • 工事業者の手配がされていない
  • そもそも申し込みがされていない

工事業者の都合、工事を手配するNTTやau、Softbankなどの通信キャリア、申し込み先の代理店など、想定外の事態や、ミスをする可能性があります。

だから工事業者がこないトラブルは意外に多いんです。

光回線工事|トラブル例③ 光回線が通らない

工事をしたら光回線が通らないなどのトラブルも起こります。

建物によって光回線を通す方法が違うのをご存知でしょうか?

  • 戸建ならエアコンダクト、窓の隙間、もしくは壁に穴をあけて通す
  • マンションなら配管を使って通す

戸建やマンションでも工事が違うように、建物の構造によっても工事内容は変わります。

また通そうと思った配管がつぶれて隙間がないなんて想定外なことも。

だから実際に光回線が通るかどうかは、工事をしてみないと分かりません。

光回線工事|トラブル例④ 隣人から光回線工事を断られる

工事ができないトラブルに、近隣の住民から光回線を断られることもあります。

「なんで近所の人に断られるの?」と思うかも知れませんが、実際には工事に協力いただく場合があるんです。

  • 電柱と建物が離れていて、隣人の敷地を通る
  • 電柱が隣人の敷地に建っている
  • 工事業者の車を隣人の敷地に止めざるを得ない

こうした場合は、光回線工事に隣人の協力が不可欠。

普段から隣人とのトラブルを抱える方は、光回線工事にも影響があるかも知れません。

光回線工事|トラブル例⑤ 工事中に床や壁、家具が傷つく

工事業者がいくら気をつけても、工事中に傷がついたり、モノが破損するトラブルをなくすのが難しいです。

例えばモノを落としたり、ぶつけてしまうことは誰にでもありますよね?

  • 工事用具を落としてしまった
  • 工事中にぶつけて割れてしまった
  • 設置したら壁紙がはがれてしまった

こうした不測のトラブルは、一定数はしかたない。

大切なのは、トラブルが起きた際にどのように対応するかです。

法人向け光回線|工事内容や必要な時間、工事までの期間を解説この記事では、光回線の工事について、実際の工事内容や掛かる時間、工事までに必要な期間やあらかじめ準備すべき内容について解説します ...

法人は要注意!光回線工事のトラブルを防ぐポイント4つ

ポイント① 工事が必要な日から1ヶ月は余裕を持つ

工事が必要な日から逆算して、1ヵ月以上前に申し込むようにしましょう。

実はNTTやau、Softbankなどの通信キャリアは、光回線を必ず提供する責任はないんです。

各社のホームページには、「使えない可能性もありますよ」と記載が。

だから『急に工事日が延期になっても通信キャリアに責任』はありません。

工事日延期を防ぐには、工事スケジュールに余裕を持つしかない。

工事が必要な日から、1ヵ月以上前には申し込むようにしましょう。

ポイント② オフィスや店舗の開設に必要と目的を伝える

NTTやau、Softbankなどの通信キャリアへ光回線の必要をしっかりと伝えるのは、意外に使える解決策です。

  • 〇日に事務所を開設する
  • ×日から店舗をオープンする

こうした光回線を使う用途を明確に伝えることで、通信キャリアも気にしてくれます。

仮に通信キャリアで働いていれば、どうにかして工事をする必要があると思いますよね?

だから法人の方なら、必要な理由をしっかり伝えることが非常に大切です。

ポイント③ 工事終了のサイン前に確認する

光回線の工事が終わることに工事業者がサインをするように求めてきます。

このサインは工事業者が工事が終了したとお客様から同意を得るもの。

何気なくサインをするように言われますが、必ず不備なく終わったか確認をしましょう。

  • 光回線は問題なく使えるようになったか
  • 工事中にモノを壊されていないか
  • 他に頼みたいことはないか

こうした光回線に関連する内容の確認が終わったらサインをする。

もし実際に工事に不手際があったり、トラブルが起きれば「でも工事が完了したサインはもらっている」と言われて終わりです。

サイン前の確認は大切です。

ポイント④ 壁や家具の破損は当日中に工事業者へ連絡

サイン前の確認も大切ですが、壁や家具などの破損に気がついたらすぐに工事業者へ連絡するのも大切です。

なぜなら日が経ってしまえば、誰が壊したか責任の所在が分からないから。

可能な限り早く、遅くとも工事当日中の連絡が必要です。

法人向け光回線|工事内容や必要な時間、工事までの期間を解説この記事では、光回線の工事について、実際の工事内容や掛かる時間、工事までに必要な期間やあらかじめ準備すべき内容について解説します ...

光回線工事の苦情はどこへ伝えればいい?

工事の苦情やトラブルは工事業者へ連絡

工事のトラブルは、まずは工事業者へ直接連絡をするようにしましょう。

工事業者へ直接連絡して、当事者同士で話すのが手っ取り早い。

工事業者の先は、次の方法で確認できます。

  • 工事業者が置いていった資料を確認する
  • 工事業者からの着信履歴から確認する
  • 申込先へ確認する

工事業者は工事が終わったら、連絡先を置いていきます。

そこには工事会社への連絡先、工事業者の携帯電話が記載されているのが多い。

もし見つからなければ、工事前にやりとりした通話履歴から確認するのも1つの手です。

基本的に工事の訪問前は、連絡をしてからの訪問がお約束。

それでも分からなければ、申し込みをした窓口へ問い合わせて、確認をしてもらいましょう。

それでも可帰結をしなければ、NTTやau、Softbankへ相談が必要になります。

解決しなければ申込先のNTTやau、Softbankへ連絡

光回線の工事について、トラブルや苦情があればNTT、au、Softbankなどの通信キャリアへれ楽しましょう。

解決までに時間が掛かるかも知れませんが、大企業の相談窓口はどこも対応がしっかりしています。

もし工事業者と連絡をしても、解決しなければ、通信キャリアのお客様相談窓口へご連絡ください。

各社のお客様相談センター連絡先はこちらです。

  • NTT東日本 :0120-019000
  • NTT西日本 :0120-019390
  • KDDI    :0077-777
  • Softbank  :0800-1111-184

まとめ|光回線工事のトラブルや苦情は防げる

この記事では、光回線工事のトラブルや苦情について、実際の例をもとに解決方法を紹介してきました。

要点まとめ
  • 光回線工事でも、急な工事の延期、工事業者がこないなどトラブルになるケースは意外に多い。
  • 光回線工事のトラブルを防ぐには、予定よりも1ヶ月早く申し込みをすれば大丈夫
  • 困ったら早めに通信キャリアへの相談を忘れずに

急な工事の延期や、工事行業者が来ないっといったトラブルを防ぐには、予定日よりも余裕をもって申し込むことです。

早めに申し込んで、あとで慌てないように注意しましょう。

法人向け光回線|工事内容や必要な時間、工事までの期間を解説この記事では、光回線の工事について、実際の工事内容や掛かる時間、工事までに必要な期間やあらかじめ準備すべき内容について解説します ...