法人|光回線

光ステーションとギガらくWi-Fiの違いは?お得な申込方法を紹介

記事のまとめ
  1. 光ステーションは公衆Wi-Fi、ギガらくWi-Fiは法人向けのWi-Fi
  2. 光ステーションの新規受付は2018年3月に終了
  3. フリーWi-FiならギガらくWi-Fiが簡単で使いやすい

光ステーションとギガらくWi-Fiって、同じNTTのWi-Fiだから何が違うか分かりにくいですよね。

「光ステーションとギガらくWi-Fiって何が違うの?」

「新しくWi-Fiを申し込みたいけど、どっちを申し込むべき?」

光ステーションとギガらくWi-Fiは、設置するための目的が違います。

簡単に言えば、光ステーションは「公衆Wi-Fi」、ギガらくWi-Fiは「業務用Wi-Fi」です。

光ステーションとギガらくWi-Fiの違い

  • 光ステーションは公自治体や商店街が設置する「公衆Wi-Fi」
  • ギガらくWi-Fiは店舗や事務所へ法人が設置する「業務用Wi-Fi」

この記事では、光ステーションとギガらくWi-Fiの違いについて、詳しく解説していきます。

ちなみに、光ステーションの新規受付は2018年3月で終了しています。

これからフリーWi-Fiを設置するなら、ギガらくWi-Fiを検討してみてください。

フレッツ光とギガらくWi-Fiをセットで申し込めば、最大5万円のキャッシュバックを受け取れます。

▼最大5万円のキャッシュバック▼

ギガらくWi-Fiを今すぐチェック\1日67円で使える業務用Wi-Fi/

ギガらくWi-Fiを申し込んでキャッシュバックをもらう方法!

法人用なら「ギガらくWi-Fi」で決まり!特徴や口コミを徹底解説

光ステーションは、誰もが使える「公衆Wi-Fi」

光ステーションはNTTが提供する公衆Wi-Fiです。
自治体、観光地、商店街店舗などの方が公衆Wi-Fiを整備するのに使います。

公衆Wi-Fiは来訪者へのWi-Fi無料提供に加えて、災害時の無料Wi-Fi解放など公衆インフラとしての役割があります。

光ステーションの特徴

  • 来訪者への無料Wi-Fi
  • 災害時のWi-Fi解放
  • 商店街活性化に向けたクーポンやスタンプラリー

公衆Wi-Fiのため、どこで光ステーションが使えるか店舗の住所をNTTのホームページに掲載する必要があります。

これらの機能があっても、光ステーションは月額550円で使えますが、公衆Wi-Fiの役割があるためです。

ギガらくWi-Fiは店舗や事務所で使う「法人向けWi-Fi」

ギガらくWi-Fiは、店舗や事務所へWi-Fiを設置したい法人向けWi-Fiです。

飲食店やホテルでフリーWi-Fiを提供したり、事務所にWi-Fiを設置してLANケーブルを無くしたりなど、法人が使うための機能に特化しています。

その他にも、365日の専門スタッフによるサポートや、セキュリティ対策など必要な機能が備わっています。

ギガらくWi-Fiの特徴

  • 店舗でのフリーWi-Fiや、事務所の業務用Wi-Fiなどで使う法人向けWi-Fi
  • 365日の専門スタッフによるサポート
  • フリーWi-Fi、業務用Wi-Fiを分けたセキュリティ対策

ギガらくWi-Fiは月額2,000円~と光ステーションと比べて高いですが、法人向けWi-Fiとしての機能は光ステーションよりも優れています。

こちらの記事でギガらくWi-Fiの特徴を詳しく解説しています。

法人用なら「ギガらくWi-Fi」で決まり!特徴や口コミを徹底解説

光ステーションとギガらくWi-Fiの違いは「目的」

光ステーションとギガらWi-Fiの違いは、設置する目的です。

光ステーションは「公衆Wi-Fi」、ギガらくWi-Fiは「店舗や事務所で使うWi-Fi」です。

光ステーションとギガらくWi-Fiは目的が違う

  • 光ステーションは公自治体や商店街が設置する「公衆Wi-Fi」
  • ギガらくWi-Fiは店舗や事務所へ法人が設置する「業務用Wi-Fi」

こちらの表では、光ステーション、ギガらくWi-Fiの違いをまとめました。

▶▶▶右にスクロールできます

光ステーション ギガらくWi-Fi
目的 公衆Wi-Fi 法人向けWi-Fi
月額費用 550円 2,000円~
Wi-Fi機能 災害時は無料で提供 ・365日のサポート機能
・来訪者、業務用を分けた
セキュリティ対策
・同時接続数50台
その他 住所公開が必須

光ステーション、ギガらくWi-Fiでは目的が違うため、業務用Wi-FiやフリーWi-Fiとして比較することができません。

目安としてご利用ください。

光ステーションは申込終了⁉ギガらくWi-Fiをお得に使う方法

光ステーションの新規申込受付は、2018年3月31日で終了しています。

現在、光ステーションを使っている方は継続して使えますが、新たに申し込むことができません。

「光ステーション」の新規申込受付の終了について

光ステーションの申込を検討された方は、同じNTTが提供する法人向けWi-Fiの「ギガらくWi-Fi」をチェックしてみてください。

ギガらくWi-Fiなら店舗でフリーWi-Fi、事務所で使う業務用Wi-Fiのどちらでも利用できます。

「光ステーションと比べて費用が高いな…」

もし費用が気になったら、キャンペーンを使ってキャッシュバックを活用するのがおすすめです。

フレッツ光とセットで申し込めば、最大5万円のキャッシュバックが受け取れます。

フレッツ光の初期費用や、3ヶ月分の月額費用が実質無料になるため、導入費用や月額費用が気になる方は、忘れずにチェックしてみましょう。

▼最大5万円のキャッシュバック▼

ギガらくWi-Fiを今すぐチェック\1日67円で使える業務用Wi-Fi/

ギガらくWi-Fiを申し込んでキャッシュバックをもらう方法!

光ステーションとギガらくWi-Fiの違いは目的!

記事のまとめ
  1. 光ステーションは公衆Wi-Fi、ギガらくWi-Fiは法人向けのWi-Fi
  2. 光ステーションの新規受付は2018年3月に終了
  3. フリーWi-FiならギガらくWi-Fiが簡単で使いやすい

光ステーションとギガらくWi-Fiでは、設置する目的が違います。

光ステーションとギガらくWi-Fiは目的が違う

  • 光ステーションは公自治体や商店街が設置する「公衆Wi-Fi」
  • ギガらくWi-Fiは店舗や事務所へ法人が設置する「業務用Wi-Fi」

ただし光ステーションの新規受付は2018年3月で終了しているため、これからフリーWi-Fiを設置するならギガらくWi-Fiを検討してみてください。

ギガらくWi-Fiは最低でも月額2,000円掛かります。

もし費用が高く感じるなら、キャンペーンを活用してキャッシュバックを受け取りましょう。

フレッツ光とギガらくWi-Fiを合わせて申し込めば、最大5万円のキャッシュバクを受け取れます。

▼最大5万円のキャッシュバック▼

ギガらくWi-Fiを今すぐチェック\1日67円で使える業務用Wi-Fi/

ギガらくWi-Fiを申し込んでキャッシュバックをもらう方法!

法人用なら「ギガらくWi-Fi」で決まり!特徴や口コミを徹底解説