法人|セキュリティ対策

インターネットVPNとは?インターネットVPN接続の仕組みと構築、活用方法を解説

お困りごと
お困りごと
インターネットVPNってなに?
インターネットVPNを活用したら何ができるの?

この記事では、インターネットVPNについて、仕組みや構築、活用方法について解説をしていきます。

VPNとは、バーチャルプライベートネットワーク(Virtual Private Network)の略称。日本語では、仮想専用線を意味します。

VPNには、インターネットVPN、IP-VPN、の2つの種類があります。

<VPNの主な種類>

  • インターネットVPN
  • IP-VPN

この記事では、インターネットVPNについて仕組みや構築方法から、導入のメリットや活用例について解説をしていきます。

この記事からわかること
  • インターネットVPNの種類
  • インターネットVPNの仕組み
  • インターネットVPNの活用方法
  • インターネットVPNがおすすめな人

インターネットVPNとは?

インターネットVPNとは、ルーターや端末の設定により通信を暗号化させ、高いセキュリティで通信を行う方法です。

通信内容を暗号化させるため、万が一第三者が通信内容を読み取ろうとしても、簡単には解読ができないため、重要なデータのやり取りに活用されています。

インターネットVPNの特徴は、安価に導入ができ構築が比較的簡単なのが特徴。ルーターや端末のアプリケーションを設定することで、インターネットVPNの構築が可能です。

一方、デメリットはインターネットを経由するため、セキュリティリスクが残ること。インターネットVPNは、インターネット上でデータを暗号化し通信内容を分かりにくくしています。

インターネットVPNは、パソコンやスマートフォンへ簡単に導入ができるため、セキュリティリスクのあるフリーWi-Fiをよく使う方、海外出張や海外にお住まいの方におすすめのサービスです。

しかし完全なプライベートネットワークではないため、IP-VPNよりもセキュリティリスクが残ります。

インターネットVPNの仕組みは?構築方法は?

インターネットVPNの仕組みは、通信を暗号化してセキュリティを高く通信を行うことです。

そして実際にインターネットVPNを構築する際には、「ルーターに設定する」「端末へ設定する」2つの方法があります。

インターネットVPNの構築①ルーターへ設定

インターネットVPNを構築する方法の1つが、ルーターへ固定IPアドレスを設定する方法です。

ルーターへ設定した固定IPアドレスからVPNサーバーを経由し、インターネットへ接続をします。固定IPアドレスを使いVPNサーバーを経由させることで、通信を暗号化してセキュリティを高めることができるんです。

ルーターへ固定IPを設定すれば、ルーター下部で動く端末は全て安全なインターネットVPNを経由した通信が可能に。

また法人なら離れた場所にある別支店との通信を暗号化させることで、セキュリティの高い環境でデータ送受信ができます。

インターネットVPNの構築②端末へ設定

インターネットVPNを構築するもう一つの方法が、端末へ設定する方法です。

ルーターとの違いは、端末へ直接固定IPの設定はせず、アプリケーションをインストールして、インターネットVPNと接続し暗号化させます。

実際の流れは、端末にインストールしたアプリケーションへ接続させ、VPNサーバーから端末へ固定IPアドレスを割り振ります。そして端末に割り振られた固定IPアドレスとVPNサーバーを接続し、通信の暗号化が完了です。

端末へインターネットVPNを設定すれば、外出先からでもインターネットVPNの接続ができます。そのため端末へインターネットVPNの設定をすれば、フリーWi-Fiを使ってもセキュリティの高いインターネット接続ができるようになります。

インターネットVPNを活用するメリット

インターネットVPNメリット① 安全なインターネット接続

インターネットVPNを活用することで、安全なインターネット接続が可能になります。

特にフリーWi-Fiを使ってインターネット接続をする場合は、インターネットVPNを活端末からの通信を暗号化できるため大切なデータ通信通信でも安心。

インターネットVPNなら、パソコンやスマートフォンへアプリケーションをインストールし、インターネットVPNの提供会社のサーバーを経由して、インターネットへ接続します。

そのためフリーWi-Fiに接続をしても、安心してインターネット接続が可能です。

カフェでパソコン作業をする人は良く見かけますが、カフェのフリーWi-Fiはもっともセキュリティの弱い場所。もちろん、ホテルも同じです。

そこで取引先の人とのメールやチャット、作成中のアプリケーションやプログラミング、ブログを様々な作業をする人がいますが、カフェやホテルのフリーWi-Fiを使って作業する人は大切なデータ保護を忘れずにしてください。

インターネットVPNメリット② 海外から日本のサーバー接続

海外からインターネット接続をする際、日本のインターネットサービスが利用できないことがあるのをご存知でしょうか。

インターネットVPNを活用することで、インターネット接続を日本国内を経由させることが可能なため、日本のサイトが見られない、サービスが受けられないといった規制を解除することができます。

日本国内のインターネット接続なら問題なく接続ができるサービスでも、海外からのアクセスだと接続が規制されるケースも。

セキュリティ被害は日本国内からのアクセスよりも、海外からのアクセスが圧倒的に多い。そのためセキュリティ被害を防ぐために、海外からのインターネット接続を規制することがあります。

またご存知の方も多いかも知れませんが、中国では情報を規制するため海外のサイトやアプリケーションが利用できまん。

インターネットVPNを利用することで、最終的なインターネット接続を日本国内から実施することができるため、海外からでも規制を受けることなく通信が可能です。

インターネットVPNメリット③ 拠点間の大切なデータ通信

インターネットVPNを活用することで、拠点間の大切なデータ通信を安全に接続ができます。

法人で複数の営業拠点がある場合、拠点間のデータ通信をセキュリティ高く行えるようにする必要があります。拠点間のデータ通信のセキュリティを高めるのにまず検討すべきがインターネットVPN。

クラウドを経由したオンラインストレージサービスもありますが、安価なオンラインストレージサービスでは、暗号化されていないのをご存知でしょうか。

インターネットVPNを活用すればセキュリティを高めることができ、さらに拠点間でお互いにサーバーやNASを共有できたりなど、利便性も高めることができます。

インターネットVPNはIP-VPNとくらべ安価に導入が可能なため、複数の法人を持つ方やご担当者は、ぜひ検討してみてください。

インターネットVPN接続を使った活用シーン

フリーWi-Fiを安全に利用できる

インターネットVPNを活用することで、フリーWi-Fiを安全に利用することができます。

フリーWi-Fiは不特定多数の人が、同じネットワークに接続して通信を行う方法です。同じネットワークに接続することは、知らない人と同じ部屋にいるようなもの。

通信を盗み見されるかもしれないし、通信した内容を書き換えられる可能性だってある。普段は難しいこうした犯罪が、同じネットワークだと簡単にできてしまう。

こうしたフリーWi-FiのリスクをインターネットVPNの活用により回避できます。

インターネットVPNを端末に設定すれば、端末からフリーWi-Fiへの接続が暗号化されるため、同じネットワーク配下であっても盗み見や書き換えと言った行為はできません。

Webサイトを見る程度であれば、そこまで神経質になる必要はないかも知れません。

カフェやホテル、レンタルオフィスなどのフリーWi-Fiを使って仕事をする人は、フリーWi-Fiのリスクを押さえて利用するようにしてください。

フリーWi-Fiを安全に使いたい人はこちら

海外からも日本のWebサービスが利用できる

海外からは日本のWebサービスが利用できない場合が多いのをご存知でしょうか。インターネットVPNを活用することで、海外からでも日本と同じようにWebサービスが利用可能です。

日本のWebサービスは国内の利用を前提とし、海外からのアクセス規制を掛けているため、海外からの購入や動画の視聴などができないことがあります。

海外からのアクセスを規制する理由は、セキュリティ保護のため。日本へのセキュリティ攻撃は日々ありますが、多くが海外から攻撃です。

こうした被害から日本のWebサービスを守るために、海外からのアクセス規制を行うのが一般的。

海外からのアクセス規制は、IPアドレスを使って行います。アクセスのあったIPアドレスを確認すれば、どこの国からアクセスがあったか確認が可能。

海外からアクセスを行うとIPアドレスも海外からとなってしまい、Webサービスを提供する会社のサーバーへのアクセスが拒否されます。

そこへでインターネットVPNを活用することで、海外から日本のVPNサーバーへアクセスし、VPNサーバー経由でWebサービスへアクセスすると、日本の固定IPアドレスからのアクセスとなり、Webサービスが利用できるようになります。

海外旅行や海外出張の際はもちろんですが、海外居住する場合は絶対に必要なサービス。中国など国によって規制が強く、日本のサービスをインストールできない場合があるため、出国前に手続きを済ませておいてください。

海外からのアクセス制限を回避したい方はこちら

重要なデータを送受信できる

インターネットVPNを使えば、暗号化した通信で拠点間の重要なデータの受け渡しが可能です。

通常のオンラインストレージサービスは、インターネットを経由してデータを受け渡しするサービス。通信自体は暗号化されておらず、セキュリティに不安が残ります。

インターネットVPNを活用することで、拠点間の通信を暗号化させセキュリティの高い通信が可能。さらに共有のサーバーやNASを用意することで、利便性も向上します。

法人で複数の拠点がある方は、インターネットVPNを使ったサービス導入を検討してみてください。

ただし1つ注意点があります。拠点間の通信をインターネットVPNで接続する場合、拠点それぞれのルーターへインターネットVPNを設定する必要があります。

端末へインターネットVPNのアプリケーションをインストールしても、拠点間の通信を暗号化させることはできないのでご注意ください。

インターネットVPV接続のまとめ

この記事では、インターネットVPNについて解説をしてきました。

要点まとめ
  • VPNには、インターネットVPNIP-VPNの2種類がある
  • インターネットVPNは、ルーターへ設定する方法端末へ設定する方法がある
  • インターネットVPNを活用することで、フリーWi-Fiが安全に使える、海外からも日本のWebサービスが利用できるようになる

インターネットVPNを活用することで、セキュリティを高めるだけでなく海外からWebサービスを利用できるようになったり、離れた拠点との通信が便利にできるようになったりとメリットがたくさん。

フリーWi-Fiを使って仕事をする人、海外から日本のWebサービスを使いたい人、離れた拠点の通信を便利にしたい人におすすめできるサービスです。