通信雑学

UQmobileのサービス特徴!メリット、デメリットを解説します

UQ mobileのCMをよく見るけど
実際は使いやすいの?詳しく知りたい

 

このブログでは、UQmobileのサービス特徴、メリット、デメリットについてお伝えしていきます。

 

ざっくり言うと…

・auサブブランドの格安SIM
・大手携帯会社と比べて値段が安い
・モバイルルーターとセットで割引に
・格安SIMの中では割高
・2年目から1,000円増額

UQmobIleってなに?

UQmobileとは、UQコミュニケーションズ株式会社が2015年から提供する格安SIMです。

UQmobileは、KDDI株式会社が提供する携帯電話「au」のサブブランにあたります。

 

またUQコミュニケーションズは、格安SIMよりも前に携帯電話の電波を使った「WiMAX 2+」を提供する会社でもあります。

 

UQmobileの特徴は、auの携帯電話回線を使った「安定した携帯電話回線」です。

 

公式に公表している訳ではありませんが、日本の携帯電話事業を管轄する総務省が「公平性がない」と指摘するほど、格安SIMの中では速度の速い通信が可能です。

 

UQmobileのメリットは?

大手携帯会社と比べ、月額費用が安い

大手携帯会社とら比べると、その安さに驚くはずです。

 

プラン内容 月額費用
au データ利用量5GB
5分/1回の通話無料
4,480円~
(2年目以降:5,480円~)
UQmobile データ利用料量最大9GB
5分/1回の通話無料
2,890円~
2年目以降:3,980円~

 

auよりもデータ利用量が多いにも関わらず、約35%の値引きです。

1年間で18,000円もお得です。

 

auの場合は最低利用期間が2年間あるため、2年間で36,000円もお得になります。

 

主婦のお母さん方が毎日の食費を節約するのも大切ですが、格安SIMに変えて毎月の固定費を抑えるのが賢いと思いませんか?

もしご家族がいらっしゃる方は、UQmobileに契約をまとめれば、さらに割引額が増額されます。

 

安くても速度は安定している

他の格安SIM会社から「大手携帯電話会社のサブブランド格安SIMは早い!」と苦情が出るほど、速度は速く安定をしています。

 

僕はもともとIIJmioを利用していましたが、速度が遅くUQmobileに乗り換えました。

結果としては、圧倒的な速度差に驚いています。

 

UQ WiMAXとセット割ができる

自宅にWi-Fi環境が欲しい場合は、光回線を引かずにUQ WiMAXを設置することで、UQ mobileとのセット割引▲300円が適応されます。

 

光回線を含めて、固定のインターネット回線とセット割引の対象となる格安SIMが少ない中で、この割引は魅力的です。

 

「WiMAXはモバイルルーターだから持ち運ばなければ、光回線のほうがいいんじゃないの?」

 

WiMAXはモバイルルーターのため、持ち運びが少ない人にはメリットが少ないように感じますが、そんなことはありません。

僕は自宅のインターネット回線として、光回線を使っていましたが、UQ WiMAXも十分利用が可能です。

 

端末との同時申込にiPhoneが実質無料で手に入る

格安SIMの申し込みで、iPhone 6sが実質無料で入手可能です。

 

電車やカフェで見ると、iPhoneSEやiPhone5sを使っている人が以外にまだ多いため、機種変更を安くしたい人には、非常におすすめです

 

UQmobileのデメリットは?

2年目以降の費用が割増

UQmobileのデメリットは、他の格安SIMと比べ2年目以降が割高になってしまうことです。

 

格安SIMは「データ通信量6GB+通話」で、2,000円~3,000円が相場です。

しかしUQmobileは、1年目が2,980円、2年目が3,980円と格安SIMの中では高い料金体系になります。

 

格安SIMより少々割高に感じられるかも知れませんが、大手電話会社の契約者がUQmobileに乗り換えれば、年間数万円の通信費削減になります。

格安SIMへの乗り換えに抵抗がある人には、非常におすすめです。