法人|Wi-Fi

業務用Wi-Fiの主要4社を徹底比較!おすすめはギガらくWi-Fi

記事のまとめ

  1. 店舗やオフィスで使うWi-Fiなら、業務用のWi-Fiを正しく選ぶ
  2. 業務用Wi-Fiなら、主要4社の中でもコスパ優秀なギガらくWi-Fiから試す
  3. 実際に使う店舗やオフィスの利用シーンを想定して、Wi-Fiを使ってみる

業務用のWi-Fiって、種類も多いし何を選んだら分かりにくいですよね。

「業務用のWi-Fiってそもそも何?」

「業務用のWi-Fiは家庭用とは違うの?」

「業務用のWi-Fiはぶっちゃけ何を選べばいい?」

業務用のWi-Fiは、家庭用とは違い店舗やオフィスなどの法人が使うWi-Fiサービスです。

業務用のWi-Fiは、次の5つから比較すれば、家庭用との違いが分かりやすいです。

業務用Wi-Fiを選ぶ5つのポイント

  • 電波範囲
  • 同時接続数
  • サポート
  • セキュリティ対策
  • 複数Wi-Fiの一元管理

本文では、5つのWi-Fiから主要な業務用Wi-Fiを比較しています。

なかでもギガらくWi-Fiなら、5つのポイントを満たしつつ、初期費用が不要で月額1,980円から使えるコスパ最強なサービスです。

この記事では、業務用Wi-Fiについて、必要な機能や主要4社の比較からおすすめなWi-Fiについて、分かりやすく解説をしていきます。

▼最大5万円のキャッシュバック▼

ギガらくWi-Fiを今すぐチェック\1日67円で使える業務用Wi-Fi/

ギガらくWi-Fiを申し込んでキャッシュバックをもらう方法!

オフィスや店舗で使う「業務用のWi-Fi」は、家庭用と機能は全然違う!

業務用のWi-Fiと聞かれたら、家電量販店に売られている「家庭用のWi-Fiルーター」と同じと思っていませんか?

実は仕事で使う業務用のWi-Fiは、家庭用のWi-Fiとは違います。

業務用のWi-Fiを検討しているなら、まずは業務用Wi-Fiが何か抑えておきましょう!

業務用Wi-Fiの選び方も併せて紹介します。

業務用Wi-Fiって何?家庭用と違うの?

  1. 業務用Wi-Fiはオフィスやカフェ、ホテルで使うWi-Fi
  2. 家庭用と比べ、電波範囲やセキュリティ対策に違いがある
  3. 業務用Wi-Fiを選ぶなら、5つのポイント確認が必須

業務用Wi-Fi(Wi-Fiルーター)とは?

オフィスや店舗などの仕事で使う業務用のWi-Fiは、家庭用のWi-Fiとは機能が違います。

家庭用のWi-Fiと比べて、業務用のWi-Fiは性能が高いです。

なぜなら仕事で使うWi-Fiは安定した接続が必須ですし、個人ではそこまで気にする必要のないセキュリティ対策や、トラブル対策まで考える必要があるからです。

業務で使うWi-Fiは、家庭用には必要のない高い性能が求められます。

  • Wi-Fiの電波範囲が広い
  • 同時接続できる端末数が多い
  • サポートがある
  • 強固なセキュリティ対策がある
  • 複数台のWi-Fiを一元管理できる

こうした高性能なWi-Fiは、オフィスで無線LANを設置したり、飲食店やホテルで来客者向けのフリーWi-Fiを設置したりする場合に使われます。

仕事で使うWi-Fiは、家庭用ではなく、業務用のWi-Fiから選びましょう!

「業務用」と「家庭用」のWi-Fiの違い

業務用のWi-Fiについて解説しましたが、もう少し「業務用」と「家庭用」のWi-Fiの違いを比較していきます。

こちらは「業務用」と「家庭用」のWi-Fiの違いをまとめた一覧です。

「業務用Wi-Fi」と「家庭用Wi-Fi」の違い

業務用Wi-Fi 家庭用Wi-Fi
電波範囲 10m~50m 10m~20m
接続端末数 10台~50台 5台~10台
サポート あり なし
セキュリティ対策 強固 必要最低限
複数Wi-Fiの一元管理 複数台の一元管理 なし

こちらの表から分かる通り、業務用Wi-Fiは家庭用Wi-Fiと比べて性能が高いです。

もちろん、家でインターネットへ接続するなら、家庭用のWi-Fiで十分です。

業務用でもインターネット接続ができるWi-Fiなら、問題が無いように感じるかも知れません。

それでも店舗やオフィスに業務用Wi-Fiがなぜ必要なのか、Wi-Fiの違いから解説をしていきます。

店舗やオフィスで使う「業務用のWi-Fi」の選ぶ5つのポイント

店舗やオフィスに使う業務用Wi-Fiは、次の5つのポイントから選びましょう。

電波範囲 Wi-Fiの電波範囲が20m以上ある。
電波範囲がしっかり記載されている。
同時接続できる端末数 最低10台以上。
サポート Wi-Fiが繋がらないと言ったset接続不良も24時間対応。
セキュリティ対策 サイバー攻撃を受けても耐えられる強固な環境はない。
複数Wi-Fiの一元管理 端末へ設定せず、必要な設定はクラウドへ実施。

これら5つのポイントは、あったらいいWi-Fi機能ではありません。

法人なら必須ともいえる機能です。

電波範囲

業務として使うなら、なるべく電波範囲の広いWi-Fiを使いましょう!

電波範囲を広くすることで、安定したWi-Fiの接続が可能になります。

例えばWi-Fiを設置しても、Wi-Fiの電波が入る場所と入らない場所があれば、安定して接続することはできませんよね?

だからWi-Fiを安定して使うには、使う場所をカバーする電波範囲のWi-Fiを用意する必要があります。

Wi-Fiの電波範囲には、「どのくらい電波が飛ぶか」を定めたルールがありません。

ただし業務用のWi-Fiによっては、自社で試験した情報を開示する企業もあります。

このように積極的な情報開示をする企業なら、信頼できると言えるでしょう。

同時接続できる端末数

業務用Wi-Fiを使うなら、同時接続数に余裕を持ったWi-Fiを選びましょう。

同時接続数とは、1つのWi-Fiに同時に接続しても安定した通信ができる数です。

例えば家庭用のWi-Fiなら5台も同時に接続できれば十分ですよね?

でももしカフェに設置するとなれば、店舗の規模に合わせて来訪者が使いやすいWi-Fi環境を用意する必要があります。

Wi-Fiによって同時に接続できる端末数は変わるため、電波範囲にある端末数を満たすWi-Fiを選ぶのが大切です。

サポート

サポートとは、トラブル時にすぐに対応できる環境があるかです。

なぜなら業務用のWi-Fiが使えなくなれば、仕事が止まってしまいますよね?

  • 取引先へ発注ができない
  • 来訪者から苦情を言われる
  • 社内から問い合わせが殺到する

企業のご担当者は不慣れな中、業務用のWi-Fiを手配されていると思います。

それなら困ったときにサポートしてくれる環境は必要です。

サポートは家庭用Wi-Fiにもあるような、メーカーへの問い合わせがあればいい訳ではありません。

トラブルが発生したら、復旧まで一元的にサポートしてくれる環境を指します。

Wi-Fiの機能はもちろん大切なポイントです。

それと同じようにトラブル発生時のサポート有無も業務用Wi-Fiには大切なポイントです

セキュリティ対策

業務用Wi-Fiなら、家庭用のWi-Fiと違ってセキュリティ対策も意識する必要があります。

なぜならセキュリティ対策は、法人なら対応が必須だからです。

それはオフィスで使うWi-Fiはもちろん、店舗で来訪者へ提供するWi-Fiも同じです。

オフィスで使うWi-Fi、来訪者へ解放するWi-Fiは、必ず分ける必要があります。

もし一緒にしてしまえば、来訪者へ自宅の家の鍵を預けるのと同じくらいリスクがあります。

業務で使うWi-Fiを来訪者へ解放するのは、セキュリティ上危険が多いため、物理的に分けるのが必要です。

業務用Wi-Fiはセキュリティ対策も意識して、設置するのを忘れずにしてください。

複数Wi-Fiの一元管理

業務用Wi-Fiを複数設置するなら、一元的な管理ができるかも大切です。

なぜなら設置した後の管理稼働にも、かなり時間を取られてしまうからです。

例えば複数店舗のカフェを運営していて、Wi-Fiを設置したとしますよね?

設定変更やWi-Fiに関する問い合わせがあれば、全て現場まで行って状況を確認し対応する必要があります。

複数の場所へ業務用Wi-Fiを設置するなら、Wi-Fiを一括で管理できる機能は必須です。

また複数の業務用Wi-Fiを設置するなら、トラブルサポートも手厚いサービスを選びましょう。

業務用Wi-Fiを複数台管理されるなら、一元管理の有無で導入後の手間が大きく変わります。

外出先メインなら業務用のポケットWi-Fiもあり

業務用のWi-Fiと言っても、外出先でも使うならポケットWi-Fiが便利です。

ポケットWi-Fiなら、営業先や出張の移動中に使えて便利ですよね?

それなら「初めからポケットWi-Fiを全社員分を契約したら良いのでは?」と思う人もいるかもしれません。

業務用のWi-Fiとして使うなら、ポケットWi-Fiのデメリットも押さえておくべきです。

知っておきたいポケットWi-Fiのデメリット

  1. コスト
  2. 電波の範囲
  3. 電波の安定性

もし短期でWi-Fiを使うなら、契約期間の縛りのないWi-Fiのレンタルを活用してみましょう!

▼契約期間の縛りがないWi-Fi▼

短期のWi-Fiなら『Wifiレンタルどっとこむ』\短期1日400円から使えるポケットWi-Fi/

光回線+Wi-Fiより、コストが掛かる

ポケットWi-Fiは外出先でも使える反面、光回線を使ったWi-Fiに比べてコストが掛かります。

なぜならポケットWi-Fiは、光回線で使うWi-Fiと比べて接続できる端末数が少ないからです。

端末10台を接続できるWi-Fiが必要な場合

光回線+Wi-Fi 1台で最大50台が接続できる
ポケットWi-Fi 1台で5台程度が限界

ポケットWi-Fiに同時接続できる端末は、最大でも5台台程度です。

もし従業員が5人以上いるなら、複数台のWi-Fi契約が必要になります。

光回線を使ったWi-Fiなら、1台のWi-Fiから最大50台の端末を同時に接続できるため、コスパが非常に高いです。

電波の範囲が狭い

ポケットWi-Fiは移動して使うのを前提としているため、Wi-Fiの電波範囲が極端に狭いです。

ポケットWi-Fiを外出先で使うなら、端末の横に置いて使いますよね?

だから遠くまで電波を飛ばす必要はありません。

そのため電波の範囲が極端に狭くなっています。

もしオフィスやカフェなど店舗にWi-Fiを設置するなら、Wi-Fiの電波がしっかり届くようにしましょう。

電波が安定せず、通信量の上限がある

ポケットWi-Fiは、電波が安定しにくいです。

スマートフォンを使っていたら、電波が繋がりにくい場所があるのを誰もが経験しているのではないでしょうか。

ポケットWi-Fiは、スマートフォンと同じ回線を使うため、光回線よりも電波が安定しにくいです。

また一般的なポケットWi-Fiは、3日間で10GBの通信量上限があるため、複数の端末を使った同時の通信には向いていません。

電波の安定性を求めるなら、光回線を使ったWi-Fiを選びましょう!

業務用Wi-Fiを徹底比較!おすすめは「ギガらくWi-Fi」

業務用Wi-Fiと言われても、様々な商品があるので、どのサービスを選んだらいいか迷いますよね?

まずは各メーカーの特徴を紹介してから、何が違うのか徹底的に比較をしていきます。

比較表を作成したので、違いをしっかり抑えましょう!

Wi-Fiの導入にコストパフォーマンスを求めるなら、ギガらくWi-Fiを検討してみてください。

主な業務用Wi-Fiって何?

  1. 業務用Wi-Fiには、初期費用や月額の違い、Wi-Fiの電波範囲に違いがある
  2. ギガらくWi-Fiは初期費用なし、月額1,980円~使えるコストパフォーマンスが魅力!

主要な業務用Wi-Fiサービス4選!

NTT東日本の「ギガらくWi-Fi」

ギガらくWi-Fiは、NTT東日本が提供するサポート付きのWi-Fiサービスです。

サポートやセキュリティ対策がされたWi-Fiが、月額1,980円~利用ができるコスパ最強のWi-Fiになっています。

  • 初期費用なし、月額1,980円~利用できる
  • 365日、9時~21時のサポート
  • 業務用、来訪者のネットワークを分けたセキュリティ対策

ギガらくWi-Fiは、ハイエンドプラン、ベーシックプラン、ライトプランがあります。

おすすめは1,980円から利用できるライトプランです。

光回線とセットで申し込めば、最大5万円のキャッシュバックがもらえるのも魅力ですね!

こちらの記事では、損をしないギガらくWi-Fiの申し込み方法を解説しています。

▼コスパ最強の業務用Wi-Fi▼

初期費用なし!ギガらくWi-Fi申し込み\最大5万円キャッシュバック/

ギガらくWi-Fiの詳細はこちら

USENの「U-SPOT」

U-SPOTは有線放送を提供するUSENのWi-Fiサービスです。

U-SPOTの魅力は、とにかく手軽なですな使い勝手です。

  • Wi-Fiにルーター機能がある
  • 2,480円にプロバイダー料も込み
  • 業務用、お客様用のWi-Fiを分けたセキュリティ対策

プロバイダーが限定されてしまうため、既に光回線を使っている人にはプロバイダーの解約や、光回線の乗り換えが必要になる場合もあります。

▼手軽なWi-Fiを導入なら「U-SPOT」▼

店舗向けのWi-Fi!特徴やメリットを解説

U-SPOTの詳細はこちら

Wi2の「Wi2 Freeキット」

Wi2(株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス)は、KDDIグループの公衆無線LANを提供する企業です。

カフェなどで、「ぎがぞう」や「Wi2 300」を見たことのある人も多いはず。

  • 初期費用29,800円、月額500円~利用できる
  • 6言語に対応
  • 365日9時~20時のサポート

KDDI系列のため、auやUQmobileのスマートフォンを契約すれば、無料でWi-Fiが利用できます。

導入に初期費用が必要であったり、お客様が利用するのに費用が掛かったりするため、使い勝手が良いとは言えないWi-Fiです。

Wi2 Freeキットの詳細はこちら

BUFFALOの「FREESPOT」

BUFFALOが提供する「FREESPOT」は、初期費用のみ、月額が不要のWi-Fiサービスです。

使い方はフリースポット導入キットを購入して、光回線へ挿し込むだけで、業務用Wi-Fiが使えます。

  • 初期費用23,800円、月額は不要
  • 規模に応じたプランあり
  • サポートはなし

サポートが手薄ですが、導入が簡単な業務用のWi-Fiです。

FREESPOTの詳細はこちら

業務用Wi-Fi 4選を徹底比較!

すでに紹介した業務用Wi-Fiを比較した表がこちらです!

さらにこの表には、業務用Wi-Fiを選ぶ5つのポイントも追加しています。

ギガらくWi-Fi U-SPOT Wi2 Freeキット FREESPOT
初期費用 0円 20,000円 29,800円 23,800円
月額費用 1,980円~ 3,480円 500円 0円
電波範囲 半径25m 不明 不明 不明
同時接続台数 最大50台 126台 最大100台 最大64台
サポート 365日9時~21時 365日24時間 365日9時~20時 なし
セキュリティ対策 高い 高い 標準 標準
Wi-Fi一括管理 あり なし なし なし

個別のサービスで見ても分かりにくいですが、一覧にして比較すれば何が違うかすぐわかりますね。

業務用Wi-Fiは「ギガらくWi-Fi」をおすすめする理由

業務用Wi-Fiなら、NTTのギガらくWi-Fiをお勧めしています。

理由はシンプルで、圧倒的にコストパフォーマンスが高いからです。

  • 初期費用不要、月額1,980円~
  • 365日9時~21時
  • 業務用、来訪者のWi-Fiが分かれた高いセキュリティ

初期費用が不要なため、導入時の負担がぐっと下がります。

さらに光回線とセットで申し込めば、最大5万円のキャッシュバックが受け取れます。

店舗やオフィスで使う業務用Wi-Fiなら、ギガらくWi-Fi以外の選択肢は考えられません。

▼コスパ最強の業務用Wi-Fi▼

初期費用なし!ギガらくWi-Fi申し込み\最大5万円キャッシュバック/

こんな人にぜひ検討を!業務用Wi-Fiを導入を検討したい仕事5選

業務用のWi-Fiを導入しようとしても、本当に業務用Wi-Fiの導入が必要か悩みますよね?

業務用Wi-Fiの検討には時間が掛かるし、設置の手間も掛かります。

だかから導入に悩んだら、実際の業務からWi-Fiが必要なのか考えてみましょう。

ここでは店舗とオフィスに分けて、実際の利用シーンをご紹介します。

店舗

ここではオフィスではない使い方を「店舗」としてご紹介します。

店舗では来訪者用のWi-Fiを目的にしているので、Wi-Fiを使えば来訪者へどんなメリットがあるのかを考えてみましょう。

  • 美容室
  • カフェやレストラン
  • 病院
  • 宿泊施設

美容室

美容室にWi-Fiがあるのは、もう当たり前ですよね?

  • カットする時間にインターネットを楽しめる
  • タブレットがあれば、雑誌を電子化してお客様へ提供できる
  • キャッシュレスに対応したPOSレジが導入できる

美容室ではお客様の施術はもちろん、再来店を促すには滞在時間を快適に過ごしてもらう必要がありますよね?

Wi-Fiを導入すれば、インターネットをストレスフリーで楽しめて、電子化した雑誌の導入も簡単です。

その他にも、キャッシュに対応したPOSレジの導入にも必要です。

カフェやレストラン

カフェやレストランでも、多くの店舗でWi-Fiを導入しています。

特にカフェでは、お客様がWi-Fiの有無をあらかじめ調べて、訪問していることも多いです。

Wi-Fiがないだけで、来訪者数が少なくなるのは避けたいですよね?

レストランでも、例えば写真や動画などのデータを共有したり、待ち時間に動画サービスの閲覧をする来訪者が多いです。

来店したお客様が快適に過ごすには、Wi-Fi環境は必須です。

病院

「病院にWi-Fiなんていらないでしょ?」と思う人も多いはずです。

でも健康的な患者が多い病院では、Wi-Fiが診察前後の待ち時間を快適にしてくれます。

実際に外科や産婦人科、歯科では、Wi-Fiを導入される法人が増えてきています。

また医師や看護師にとっても、カルテや、日報や引継ぎ業務を電子化することで、効率化が見込まれます。

宿泊施設

宿泊施設では、Wi-Fiの導入はもはや当たり前です。

海外からの旅行者が多い宿泊施設はもちろん、ビジネスや国内旅行者でもWi-Fiは不可欠です。

  • 海外旅行者なら、宿のWi-Fiが家族との連絡やSNSの更新に必須
  • ビジネス客にとっても、Wi-Fiがないと仕事ができない
  • 国内旅行者でも、写真や動画などデータ容量が多いファイル共有に必要

もし宿泊施設でWi-Fiを導入していないなら、早めに導入を検討しましょう。

もしかしたらWi-Fiの有無が、宿泊者数に大きく影響しているかも知れません。

オフィス

業務用Wi-Fiの導入は、オフィスで使うにも導入効果が大きいです。

数百人規模の大規模なオフィスでは、セキュリティ上Wi-Fiを部署ごとに分けたり電波が干渉しないように設計したりと何かと手間が掛かります。

でも小規模なオフィスなら、Wi-Fiの導入で業務がかなり効率化されます。

  • 小規模のオフィス
  • 店舗に併設されたオフィス

店舗に併設されたオフィスでは、業務で使うWi-Fi、来訪者が使うWi-Fiを必ず分けるようにしてください。

もし一緒に使っていれば、来訪者に業務で使う資料を見られてしまう可能性があると考え、注意してください。

小規模オフィス

小規模なオフィスでは、有線LANからWi-Fiを使った無線LANへ変更するメリットが大きいです。

  • レイアウト変更が簡単(業者への依頼が不要)
  • 打ち合わせがスムーズ

Wi-Fiを導入すれば、レイアウト変更が可能になり、オフィスの座席を固定しないフリーアドレスが簡単に実現できます。

打ち合わせもWi-Fiの電波範囲なら、スムーズに行えますよね?

もし打ち合わせ用のモニターがあれば、紙の印刷時間や紙減らしにも繋がります。

店舗に併設されるオフィス

店舗に併設されたオフィスでは、安易に来訪者のWi-Fiを業務で使わないように気をつけてください。

もし来訪者用のWi-Fiを業務に使っているなら、仕事用のパソコンと見ず知らずの来訪者のパソコンをLANケーブルで接続するくらい危険です。

店舗のWi-Fi、オフィスのWi-Fiを分けるなら、1台のWi-Fiで分けられるWi-Fiサービスを選びましょう。

ギガらくWi-Fiなら、店舗とオフィスのWi-Fi環境を1台のWi-Fiで対応できます。

業務用Wi-FiならNTTのサポートが付くギガらくWi-Fiが便利!

記事のまとめ
  1. 店舗やオフィスで使うWi-Fiなら、業務用のWi-Fiを正しく選ぶ
  2. 業務用Wi-Fiなら、主要4社の中でもコスパ優秀なギガらくWi-Fiから試す
  3. 実際に使う店舗やオフィスの利用シーンを想定して、Wi-Fiを使ってみる

店舗やオフィスでWi-Fiを使うなら、業務用Wi-Fiを正しく選びましょう!

家庭用のWi-Fiと違い、業務用のWi-Fiを選ぶには理由があるからです。

業務用Wi-Fiに必要な機能は、次の5つです。

  • 電波範囲
  • 同時接続数
  • サポート
  • セキュリティ対策
  • 複数端末の一元管理

業務用Wi-Fiを選ぶなら、コストに加えて5つの機能もあわせて選んでみましょう。

悩んだら、コストパフォーマンスが優秀なギガらくWi-Fiを試してみてください。

▼最大5万円のキャッシュバック▼

ギガらくWi-Fiを今すぐチェック\1日67円で使える業務用Wi-Fi/

ギガらくWi-Fiを申し込んでキャッシュバックをもらう方法!