法人|Wi-Fi

Wi-Fi、無線LAN、ルーターの違いは?Wi-Fiに必要なモノを解説

お困りごと
お困りごと
Wi-Fi、無線LAN、ルーターって、同じに聞こえるけど何か違いはあるの?

この記事では、Wi-Fi、無線LAN、ルーターの違いについて解説をしていきます。

  • Wi-Fi
  • 無線LAN
  • ルーター

これらの言葉を並べて、違いを説明できる人はいますか?

これらは多くの人に聞き覚えのある言葉でも、説明ができる方は少ないのではないでしょうか。

これらをインターネットで調べたら、「Wi-Fiルーター」「無線LANルーター」など、言葉を繋げてしまう人もいます。

しかし本来、これらの言葉が意味するのはそれぞれ違う。この記事では、Wi-Fi、無線LAN、ルーターについて解説したうえで、Wi-Fiを設置するのに必要なモノや、Wi-Fiを簡単に設置する方法について、解説をしていきます。

この記事からわかること
  • Wi-Fi、無線LAN、ルーターそれぞれの違いが分かる

Wi-Fiは無線LAN、ルーターと何が違う?

Wi-Fiとは?

Wi-Fiとは、端末間の通信をするために決められた規格です。

かつては端末間の通信に決まりがなく、安定的に無線を使った通信ができなかった。そのため、Wi-Fi Alliance(アメリカの団体)によって、定められた通信規格がWi-Fiです。

またWi-Fiの電波には、IEEE 802.11の電波を使うことを定められています。

無線LANとは?

無線LANとは、ケーブルを必要とせず、電波などを使って無線で通信を行うLANが無線LANです。

LANとは、Local Aria Network(ローカルエリアネットワーク)の略で、自宅内や事業所内などの狭い範囲のネットワークを指します。

LANには有線LAN、無線LANがありますが、LANを無線で通信を行うのが、無線LANと呼ばれる通信方法です。

ちなみにLANと一緒に扱われるWANとは、Wide Area Network(ワイドエリアネットワーク)の略で、LAN同士をつなぐ広い範囲のネットワークを指します。

ルーターとは?

ルーターとは、ネットワークごとの中継機能を果たす装置です。

異なるネットワーク(LAN)同士の中継役として、流れてきたIPアドレス情報を確認した後に、最適なLANへ中継します。

例えば、自宅からWebサイトを閲覧するには、自宅のLANに設置したルーターから、WebサイトのサーバーのあるLANまで中継されます。

ルーターが中継機能を果たしてくれることで、Webサイトや動画サイトを閲覧が可能になる。ルーターのおかげで、私たちは行先を見失わずにパケットが目的値のサーバーへ辿り着いています。

Wi-Fi、無線LAN、ルーターの違いとは?

Wi-Fi、無線LAN、ルーターの違いをまとめると次の通りです。

  • Wi-Fiは、団体が定めた通信規格
  • 無線LANは、LAN内をケーブルを使わずに通信する
  • ルーターは中継機能を果たしLANとLANの通信が可能に

Wi-Fiルーター、無線ルーターと呼ばれるものもありますが、これも間違いではありません。

Wi-Fiを使ってLANとLANを転送させるのがWi-Fiルーター。

ケーブルを使わ、無線を使ってLANとLANを転送させるのが無線LANルータ。

現在はWi-Fiルーター、無線LANルーターのどちらも同義語として扱われており、機能に違があるわけではありません。

Wi-Fiに必要なものは?

Wi-Fi、無線LAN、ルーターなどを解説してきましたが、Wi-Fiを使うために必要なモノはどれか。

Wi-Fiを使うには、次の3つが必要。

  • 光回線
  • ルーター
  • プロバイダー
  • アクセスポイント

光回線があるからこそ、LANを超えルーターが次の行先を決めてくれWebサイトへアクセスができます。

またルーターには、プロバイダーを設定する必要があります。プロバイダーは、各LANへ割触れられた住所のようなもの。からデータが出る際の住所のようなもの。

Aという場所から出発し、Bへ辿り着くためには、AとBを定めるプロバイダーが必要であり、それらをめがけてルーターが転送を行い、はじめて通信が成立します。

またアクセスポイントは、Wi-Fiの電波を発する元。ルーターには次の2種類があり、アクセスポイントを含むものが多いです。

アクセスポイント付きのルーター

  • バッファローやNECなど、自宅で使うのを想定し作られるルーター
  • ルーターとアクセスポイントがセットのため、導入が簡単

アクセスポイントなしのルーター

  • 法人用の大規模になるとルーターとアクセスポイントを別で設置
  • 法人用のルーターは、YAMAHAやCisco

Wi-Fiを使うには、光回線、ルーター、アクセスポイントの手配が必要になります。

Wi-Fiを簡単に設置するには?

ここまでWi-Fiについて、少し詳しく説明をしてきました。

「ちょっと面倒だな」

もしそう思った人は、Wi-Fiを簡単に設置するUQWiMAXがおすすめ。

光回線の工事をして、ルーターの設定をして、アクセスポイントを設置する流れが、UQWiMAXなら一気に省略が可能。

UQWiMAXは、携帯電話に使うSIMカードが入っていて、携帯電話回線を使ってWi-Fiを提供してくれます。

使い方は簡単。契約して電源を挿せばすぐに使えるようになる。

煩わしい設定は一切不要。

Wi-Fi環境を作りたいけど、手間がかかり面倒と思う人は試さない理由が見つかりません。

まとめ

この記事では、Wi-Fi、無線LAN、ルーターの違いについて、解説をしてきました。

要点まとめ
  • Wi-Fiは、団体が定めた通信規格
  • 無線LANは、LAN内をケーブルを使わずに通信する
  • ルーターは中継機能を果たしLANとLANの通信が可能に
  • Wi-Fi環境を用意するには、光回線、ルーター、プロバイダー、アクセスポイントが必要
  • Wi-Fiは面倒と思う人は、UQWiMAXを試してみる

Wi-Fiやルーターなど、どうしても横文字が多く全て同義に聞こえるかも知れません。しかし1つずつ紐解けば、全く問題はなし。

この記事が少しでも、頭を整理するお手伝いができれば嬉しいです。