法人|防犯カメラ

防犯カメラの設置場所はどこ?一戸建て、マンション、店舗別に紹介!

記事のまとめ
  1. 目的を決めてから防犯カメラの設置場所を決める設置場所を決める
  2. 設置場所は一軒家、マンションやアパート、店舗やオフィスの3つある
  3. 設置方法を選んでから、防犯カメラを選ぶ

防犯カメラは、どこへ設置したらいいか悩んでいませんか?

「防犯カメラは玄関に設置すればいいの?」

「何を移すの?」

防犯カメラの設置場所を選ぶには、設置しようと思った目的が叶う場所へ設置しましょう。

防犯カメラは設置場所やカメラの種類によって、大きく変わってきます。

この記事では、防犯カメラの設置場所選びについて、分かりやすく解説をしていきます。

この記事を読めば、防犯カメラの設置場所の選び方が分かり、さらに設置場所を決めた後の流れも紹介しています。

「防犯カメラについて色々調べたけど、結局良く分からなかった」

もし防犯カメラの疑問を1人で解決すると思ったら、防犯カメラの専門業者へ相談してはいかがですか?

EMEAO(エミーオ)なら、要望をヒアリングしてあなたに最適な専門業者を紹介してくれます。

▼防犯カメラコンシェルジュ▼防犯カメラの専門業者を今すぐチェック\無料でプロへ相談・問い合わせ/

こちらの記事では、専門業者の選び方を詳しく解説しています。

防犯カメラの設置はどこに頼む?業者の選びやおすすめサービスを紹介

防犯カメラについて、カメラの選び方や設置方法を詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

防犯カメラをつけたい!選び方や設置方法、種類を徹底解説!

 

防犯カメラの設置は目的によって変わる

防犯カメラを設置する場所に正解はありません。

なぜなら防犯カメラの設置場所は、目的によって変わるからです。

目的と聞いてピンとこない人は、「どうして防犯カメラの購入を検討しているのか」について、もう一度考えてみましょう。

設置場所が変われば、見える場所、見える角度も変わります。

当たり前ですが、設置場所によって記録できる映像が決まってしまいます。

「何を」「どのように見たいのか」を目的から、もう一度考えてみましょう。

防犯カメラの設置場所は3つに分かれる

防犯カメラの設置場所は、大きく3つに分かれます。

防犯カメラの主な設置場所

  • 一軒家
  • マンションやアパートなどの集合住宅
  • 店舗や事務所

設置場所が違えば、どんな目的があるのか確認してみましょう!

一軒家(戸建自宅)に設置

一軒家に防犯カメラを設置する目的は、トラブルを立証する目的が多いです。

  • 近隣住民から嫌がらせを受ける
  • 不審者がうろついている
  • いらない人からいたずらを受ける

トラブルの防止が目的ではなく、既に起きてしまっているトラブルの対処法です。

防犯カメラを設置することで、トラブル現場を記録したり、防犯カメラの設置による抑止効果で、トラブルに対処することが可能です。

マンションやアパートへ設置

マンションやアパートへ設置する目的は、トラブルの抑止を目的とする場合が多いです。

マンションやアパートのエントランスやエレベーターには、防犯カメラを設置する場合が多いですよね?

  • 不審者を出入りさせない
  • 居住者以外にゴミを捨てさせない
  • 他人の郵便受けをのぞかせない

部屋ではない共有スペースへ防犯カメラを設置することで、トラブル発生の予防を目的に設置しています。

もちろん、万が一問題が発生したら、速やかに解決できますね!

店舗や事務所に設置

店舗や事務所に防犯カメラを設置する目的は、経済的な損失を防ぐ・抑止するのを目的にしています。

  • 店舗のレジ
  • 事務所の金庫
  • 店舗や事務所の資材

企業を経営するにあたり、不要な経済的な損失を防ぎたいのは当たり前です。

それに対し、店舗や事務所に防犯カメラの設置が大切な対策の1つになります。

一軒家(戸建自宅)の防犯カメラ設置場所

一軒家のトラブルには、次の5つへ防犯カメラを設置することで解決に繋がらないか考えてみましょう!

防犯カメラの設置場所

  1. 門・玄関
  2. 裏口・勝手口
  3. 駐車場・駐輪場
  4. 庭・植木
  5. ゴミ捨て場

「防犯対策に防犯カメラを設置したいけど、どこへつけたらいいか分からない」人は、どれがトラブル解決に繋がらるか確認してみましょう。

門・玄関

門や玄関の設置は、しつこい営業や、不審者の抑止力に繋がります。

訪問者の出入りがないか確認したり、出入りする人を特定できます

一軒家に防犯カメラを設置するなら、第一優先で設置する場所です。

裏口・勝手口

門や玄関と同様、裏口や勝手口も設置したい場所です。

せっかく人がで入りする表口を抑えても、後ろから出入りができたら意味がないですよね?

前の人の動きが撮影できる場所に設置したら、裏側も抑えましょう。

駐車場・駐輪場

駐車場や駐輪場の設置は、愛車の確認やいたずら防止に繋がります。

自動車を所有する方は、愛車を傷つけられないか不安ですよね?

もし傷を付けられたとしても、せめて犯人は特定して通報をしたいです。

それには犯人を特定できる防犯カメラを設置しましょう!

自動車だけではなく、ロードバイクやクロスバイクなどの高価な自転車の盗難防止にもおすすめです。

庭・植木

植木やゴミ捨て場に防犯カメラを設置しすれば、ごみのポイ捨て監視や、いたずらの防止に繋がります。

門や玄関、裏口は防犯対策をしていると想定し、庭や植木から侵入する不審者は多いです。

植木へんおポイ捨てを放置しておけば、ゴミの発火や、不法投棄へとつながってしまうため、早めの対応がおすすめです。

ゴミ捨て場

ゴミ捨て場は、嫌がらせを特定するのに効果的です。

一軒家のゴミ捨て場には、特定の人しかゴミを捨てませんよね?

だからゴミを荒らされたり、ごみがむやみに増えることなんてありません。

ゴミ捨て場のいたずらや、嫌がらせが気になる方は、早めい対応が必要です。

マンションやアパーの防犯カメラ設置場所

マンションやアパートのトラブル防止には、次の5つの場所への防犯カメラ設置を考えてみましょう!

マンションやアパートの設置場所

  • エントランス
  • エレベーター・階段
  • 郵便受け
  • 駐車場・駐輪場
  • ゴミ捨て場

マンションやアパートでは、トラブルの防止が防犯カメラ設置の目的です。

そのためには人の出入りが多い場所への設置を意識しましょう!

エントランス

まずはエントランスへの設置を考えましょう!

エントランスは居住者や訪問者、配送業者など不特定多数が通過する場所です。

一軒家の門や玄関同じように、入口を抑えるのは効果的です。

防犯カメラ設置をエントランスへ設置すれば、不審者には防犯の抑止力を与え、居住者には安心感を与えます。

エレベーター・階段

入口を抑えたら、次に人通りの確認ができるエレベーターや階段へ設置しましょう!

建物への出入口を抑え、フロアの移動通路を抑えれば、不審者の行動はかなり特定されます。

またエレベーターはわずかでも密室になるため、防犯カメラの設置は必須です。

郵便受けや宅配ロッカー

マンションやアパートの郵便受けや宅配ロッカーへの防犯カメラ設置は、居住者ではない人の受け取りを防ぎます。

郵便受けや宅配ロッカーは、個人情報の宝庫です。

  • 住所
  • 家族構成
  • 名前

これらが郵便受けから読み取れます。

犯罪が起きる前に対策しておくのが良いでしょう。

駐車場・駐輪場

駐車場や駐輪場は、愛車のイタズラや盗難防止に繋がります。

マンションやアパートの場合、駐車場や駐輪場の不正利用が多いです。

居住者以外が無断で利用すれば、居住者以外の人のために不要な場所を提供していることになります。

まずは居住者なのか、無断利用者なのかを特定するにも、駐車場や駐輪場にも設置したほうが良いでしょう。

ゴミ捨て場

ゴミ捨て場も、駐車場や駐輪場と同じように、住民以外の利用を防ぐためにも設置は効果的です。

マンションやアパートのゴミ捨て場は、管理人がキレイに清掃する場合が多いです。

そのため居住者以外にも、快く利用されてしまっているのが正直なところ。

ゴミは一歩間違えば、不法投棄の温床になってしまうため、導入時の検討にしてみて下さい。

店舗や事務所の防犯カメラ設置場所

店舗や事務所の損失被害をなくしたいなら、資産の保管場所や、隠れ場所手前に防犯カメラを設置しましょう。

店舗や事務所の設置場所

  • レジ
  • 出入口・駐車場
  • 資材置き場
  • 売り場
  • トイレ前

店舗や事務所に防犯カメラを設置するのは、盗難などの経済的損失を防ぐのが目的です。

設置場所は次の候補を参考にしましょう!

レジ

店舗のレジ回りは、必ず防犯カメラを設置しましょう。

レジ回りには特に、次の様な危険があります。

  • 利用料金の未払い
  • 従業員の窃盗

こうした不正を防ぐには、現実を確認して対策がおすすめです。

出入口・駐車場

人の動きが分かる出入口や駐車場にも、防犯カメラを設置しましょう。

人の出入が分かる場所へ防犯カメラを設置するのは、防犯対策の基本です。

店舗にとって駐車場の防犯カメラ設置は、防犯対策の他に駐車場で起きるトラブルの立証にも効果を発揮します。

  • 交通事故
  • 窃盗
  • 無断駐車

これらのトラブルに備え、あらかじめ設置しておきましょう。

資材置き場

資材置き場は、店舗やオフィスの資産と同じです。

直接お金にならなくても、企業が活動するのに必要ですよね?

  • 店舗・・・商品、販売備品、在庫など
  • 事務所・・工事資材、部品、製造機器

直接の資産ではなくても、企業運営に必須なら資産と同じように防犯対策が必須です。

売り場

売り場は資材置き場以上に、店舗にとっての資産です。

店舗の商品が販売されれば、お金と交換されますよね?

つまり資材以上に企業にとって、資産になりうる可能性が高いです。

もし売り場の防犯対策をしていないなら、早めに取り組みましょう!

トイレ前

トイレ前は、商品をトイレへ持ち込ませないために監視が必須です。

トイレを貸し出す店舗は、犯罪者にとって隠れ家と同じ。

商品を持ち込まれ隠されてしまえば、もう気付くことは難しいでしょう。

そのため隠される前に特定することが大切です。

防犯カメラを設置するには

防犯カメラを設置するためには、②設置方法を決めて、②防犯カメラを選ぶ必要があります。

防犯カメラを設置する手順

  1. 設置方法を決める(業者/DIY)
  2. 防犯カメラを選ぶ

設置方法を選ぶ(業者/DIY)

防犯カメラの設置を検討しているなら、まずはどうやって設置するか決めましょう!

決めるのは「業者へ依頼するのか」、「自分で設置するのか」です。

コストを抑えたい気持ちは分かりますが、基本は業者へ依頼するのが良いでしょう。

設置場所によって、電源ケーブルやLANケーブルの配線が必要です。

特に電源は工事に資格が必要なため、誰でもできる工事ではりません。

電源の工事がある場合は、業者へ依頼するようにしましょう

▼防犯カメラの専門業者の選び方▼

防犯カメラの設置はどこに頼む?業者の選びやおすすめサービスを紹介 防犯カメラの設置業者って、どこへ依頼したらいいか良く分からないですよね。 「防犯カメラの設置は誰に頼めばいい?」 「...

防犯カメラを選ぶ

設置方法を決めたら、防犯カメラを選びましょう。

設置方法を決めてから、防犯カメラを選ぶ理由は、「設置工事と防犯カメラの購入がセットの場合が多い」からです。

そのため防犯カメラを調べて購入が必要になるのは、DIYで工事するのみ。

DIYで工事するなら、防犯カメラの種類を抑えて、目的に合った防犯カメラを選びましょう!

▼防犯カメラの選び方▼

防犯カメラの種類とは?カメラの形や録画方法、機能の違いを徹底比較 防犯カメラの種類や機能を比較しようとしても、色々な種類があって迷いますよね? 「防犯カメラって何が違うの?」 「どう...

防犯カメラの設置場所を決めるには?

記事のまとめ
  1. 目的を決めてから設置場所を決める
  2. 設置場所は一軒家、マンションやアパート、店舗やオフィスの3つある
  3. 設置場所を選んでから工事を決める

この記事では、防犯カメラの設置場所を決める方法について、解説をしてきました。

大切なのは目的に合わせて設置場所を決めることです。

なぜなら設置する目的によって、撮影する映像がかわるからです。

設置場所に悩んだから、この記事を参考にしてみてください。

「効果的な防犯カメラの場所が分からない」

もし1人で難しければ、早めに業者へ相談するのが効果的です。

EMEAO(エミーオ)なら、要望をヒアリングしてあなたに最適な専門業者を紹介してくれます。

▼防犯カメラコンシェルジュ▼防犯カメラの専門業者を今すぐチェック\無料でプロへ相談・問い合わせ/

無料相談が簡単にできるので、専門の業者と1度話して整理してみてはいかがでしょうか?

こちらの記事では、専門業者の選び方を詳しく解説しています。

防犯カメラの設置はどこに頼む?業者の選びやおすすめサービスを紹介

防犯カメラについて、カメラの選び方や設置方法を詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

防犯カメラをつけたい!選び方や設置方法、種類を徹底解説!