法人|Wi-Fi

ギガらくWi-Fiのメリットとデメリット!実はデメリットなし!?

記事のまとめ
  1. ギガらくWi-Fiは簡単な設定や、NTTのサポートなど法人にはメリットが多い
  2. 違約金や家庭用では割高になるのがデメリット
  3. ギガらくWi-Fiライトプランなら、デメリットもカバーできておすすめ

ギガらくWi-Fiの導入を検討したら、どんなメリットやデメリットがあるのか気になりますよね?

「ギガらくWi-Fiにはどんなメリットがある?」

「本当はデメリットがあるんじゃない?」

ギガらくWi-Fiは法人向けWi-Fiとしてメリットが多いです。

LANケーブルに差し込めば使えたり、365日のサポートが受けられるのはNTTならではのサービスになっています。

でもプランによっては、最低利用期間の解約で高額な違約金を請求されるため注意が必要です。

この記事では、ギガらくWi-Fiのメリット、でめ~~ついて、分かりやすく解説をしていきます。

ギガらくWi-Fiの導入を検討される方は、ぜひチェックしてみてください。

▼最大5万円のキャッシュバック▼

ギガらくWi-Fiを今すぐチェック\1日67円で使える業務用Wi-Fi/

ギガらくWi-Fiを申し込んでキャッシュバックをもらう方法!

法人用なら「ギガらくWi-Fi」で決まり!特徴や口コミを徹底解説

NTT東日本が提供するギガらくWi-Fiとは?

ギガらくWi-FiはNTT東日本が提供する法人向けWi-Fiです。

家庭用のWi-Fiとは違い、同時に接続できる端末台数が多く、セキュリティ機能も高いWi-Fiになっています。

業務用Wi-Fiは各社から様々な機能が出ていますが、基本的な機能は同じです。

まずは次の5つの機能があるWi-Fiと抑えておきましょう。

業務用Wi-Fiに必要な機能

  • 電波範囲
  • 同時接続数
  • サポート
  • セキュリティ対策
  • 複数Wi-Fiの一元管理

ギガらくWi-Fiはこれらの業務用Wi-Fiに必要な機能を備えたWi-Fiになっています。

業務用Wi-Fiを検討するなら、ぜひチェックしてみてください。

法人用なら「ギガらくWi-Fi」で決まり!特徴や口コミを徹底解説

ギガらくWi-Fiの6つのメリット

法人向けに必要な機能を備えたWi-Fiと言っても、ギガらくWi-Fiの何が優れているのか分かりにくいですよね?

そのためギガらくWi-Fiにはどんなメリットがあるのか、しっかり抑えておきましょう。

ギガらくWi-Fiの主なメリットは次の6つです。

ギガらくWi-Fiの7つのメリット

  1. 接続が簡単!LANケーブルにつなげばすぐ使える
  2. 業務用、来訪者用にWi-Fiを分けたセキュリティ対策
  3. お店のWebサイトをPRできる
  4. トラブルも安心!365日のNTTサポート
  5. 同時接続数が50台!フリーWi-Fiでも安心
  6. 複数Wi-Fiを一括管理!離れた場所でも安心

接続が簡単!LANケーブルにつなげばすぐ使える

ギガらくWi-Fiの使い方は、とにかく簡単です。

一般のWi-Fiとは違い、ギガらくWi-FiはLANケーブルへ接続するだけで使えます。

ギガらくWi-Fiの接続方法

ルーターへギガらくWi-Fiを差し込むだけ

申し込み時にログインに必要なSSIDやパスワードを決めて申し込み、設定は全てNTTが代行してやってくれます。

そのためWi-FiへLANケーブルを差し込むだけで、すぐに使えるようになります。

業務用、来訪者用にWi-Fiを分けたセキュリティ対策

ギガらくWi-Fiはセキュリティ対策機能も高いです。

その特徴の1つに、仕事で使う業務用Wi-Fi、お客様へ解放するフリーWi-Fiを分ける機能を持っています。

ギガらくWi-Fiのセキュリティ対策

仕事の業務用Wi-Fi、来訪者用のフリーWi-Fiを分ける

一般のWi-Fiなら2つに分けざる負えません。

しかしギガらくWi-Fiなら、1つのWi-Fiでもセキュリティを担保して2つのWi-Fiを用意することができます。

店舗やオフィスでWi-Fiを使うなら、必ず業務用Wi-Fi、来訪者用のWi-Fiを分けるようにしましょう。

もし業務用、来訪者用を分けずにWi-Fiを使っていたら、来訪者が自由にネットワークへ出入できてしまうくらい危険です。

例えるなら、知らない外部の人へ家の鍵を預けるくらい危ないので気を付けてください。

お店のWebサイトをPRできる

ギガらくWi-Fiなら、Wi-Fiへアクセスしたら指定のURLを表示することができます。

そのためお客様がWi-Fiにログインしたら、お店のWebぺージを効果的に表示させることができるようになります。

例えば、季節限定のWebメニューを表示したり、近日提供予定のメニューを表示させれば、広告費を掛けずにお客様へ宣伝ができます。

お店のWebサイトをPRする意味

  • 季節限定のメニューを表示して客単価を挙げる
  • 近日提供予定のメニューを表示してリピートへつなげる
  • お友達紹介のクーポンを掲載して、新規のお客様獲得へつなげる

使い方次第ですが、お店のサイトをPRするだけで広告費の節約にもつながるかも知れません。

ギガらくWi-Fiを使って、お客様との接点を増やしてみてください。

トラブルも安心!365日のNTTサポート

ギガらくWi-Fiは、NTTのサポートを365日受けられます。

ヘルプデスクへ問い合わせれば、Wi-Fiの基本的な設定や設定変更、不調などWi-Fiに関することは何でも教えてくれます。

ヘルプデスクで教えてくれること

  • 初期設定や設定変更の方法
  • Wi-Fiに関するトラブル
  • 従業員やお客様から聞かれたWi-Fiに関する質問

これらを問い合わせすれば、3659時~21時間は専用のヘルプデスクが対応してくれます。

もちろん、Wi-Fiに詳しくない人でも分かりやすく教えてくれます。

Wi-Fiを管理する専門の担当者がいない企業や、Wi-Fiの問い合わせに対応する時間がないオーナー様に代わって、NTTの専門の担当者が管理してくれます。

同時接続数が50台!フリーWi-Fiでも安心

ギガらくWi-Fiは法人向けWi-Fiのため、同時接続数が50台まで対応できます。

同時接続数とは、同じタイミングでインターネットへ接続できる台数とご理解ください。

ギガらくWi-Fiの同時接続数

  • 50台までは問題なく接続ができる

一般的な家庭用Wi-Fiでは10台程度が限界ですが、ギガらくWi-Fiなら比較になりません。

50台もあれば、カフェやレストラン、ホテルのロビーや会議室などのたいていの場所へ取り付けができるようになります。

複数Wi-Fiを一括管理!離れた場所でも安心

ギガらくWi-Fiは、複数のWi-Fiを一括して管理ができます。

複数Wi-Fiの一括管理

  • SSIDやパスワードの設定はクラウドサーバーへ行うため、設置場所へ行かなくても設定が可能
  • 複数のWi-Fi設定を同じにしておけば、複数のWi-Fiがあっても管理が簡単

例えばA、B、Cの3つの飲食店を営している人なら、従来ならそれぞれの場所へ出向いて接続や設定を確認する必要がありました。

でもギガらくWi-Fiの設定は全てクラウド上にて実施されてるため、現場へ行く必要がありません。

すべて離れた場所から、一括でWi-Fiの設定を変更できます。

ギガらくWi-Fiの3つデメリットは?

ギガらくWi-Fiのメリットを詳しく解説しましたが、実はデメリットもあります。

特に最長5年の最低利用期間や、高額な違約金には注意が必要です。

ギガらくWi-Fiのデメリット

  1. 最低2年!最低利用期間内の解約は高額な違約金が…
  2. 法人ならコスパ優秀!でも家庭用では割高に
  3. 営業がひどい?無料勧誘には注意が必要

最長5年の最低利用期間内や、高額な違約金に注意

ギガらくWi-Fiは初期費用が掛かりませんが、その代わりにプランごとに最低利用期間が決まっています。

最低利用期間の解約には、違約金が発生するため注意してください。

特にハイエンドプラン、ベーシックプランを短期に解約したら、最大で10万円に近い解約金が発生します。

ギガらくWi-Fiのプランごとの違約金

▶▶▶右にスクロールできます

月額費用 最低利用期間 違約金
ハイエンド(5年) 3,300円 60ヶ月 残月数×1,800円
ハイエンド(2年) 4,480円 24ヶ月 残月数×4,480円
べーシック 2,980円 24ヶ月 残月数×2,980円
ライト 2,000円 24ヶ月 一律2,000円

短期のWi-Fi利用を検討している方や、初期費用をとにかく抑えたい方は、忘れずに違約金を確認してください。

【ギガらくWi-Fi】解約方法と連絡先を解説!

法人ならコスパ優秀!でも家庭用では割高に

ギガらくWi-Fiは法人用のWi-Fiとしては、セキュリティやサポートが付いたコストパフォーマンスの高いサービスです。

でも家庭用のWi-Fiとして使うには、不要な機能も多く割高になります。

使い始める設定が多少面倒でも、家電量販店で売っているような1万円前後のWi-Fiがあれば十分です。

家庭用としてギガらくWi-Fiを検討されている方は、考え直すことをおすすめします。

営業がひどい?無料勧誘には気を付けて

ギガらくWi-Fiの評判や口コミを見ると、決して評価が高いとは言えません。

なぜなら代理店や委託会社の強引な営業をしているからです。

なかでも「無料でギガらくWi-Fiが使えます」などと言ったセールストークには十分気を付けてください。

ギガらくWi-Fiの無料キャンペーンなどは、NTTでは行っていません。

もし電話営業を受けて検討をしている方は、月額費用や解約金を忘れずに確認してください。

ギガらくWi-Fiの悪い評判は嘘?ライトプランなら違約金も解消

ライトプランはデメリットなし!?ギガらくWi-Fiの3つのプラン

ギガらくWi-Fiにはハイエンド、ベーシック、ライトの3つのプランがあります。

Facebookとの連携機能や、ダッシュボード機能など細かな違いはありますが、サポートやセキュリティ対策など基本機能はどれも同じです。

ギガらくWi-Fiのハイエンド、ベーシック、ライトプランの違い

▶▶▶右にスクロールできます

CISCO D-LINL D-LINL
プラン ハイエンドプラン ベーシックプラン ライトプラン
初期費用 不要
月額費用 4,480円(2年) 2,980円 2,000円
違約金 残月数×24カ月 残月数×24カ月 一律5,000円
通信規格 IEEE 802.11ac/n/a(5GHz帯)
IEEE 802.11n/b/g(2.4GHz帯)
通信速度 最大1.3Gbps 最大1.3Gbps 最大867Mbps
同時接続数 50台 50台 30台

こちらの表から分かる通り、若干の性能の違いがあるものの、ライトプランのみ違約金が一律5,000円です。

デメリットに高額な違約金について解説していますが、ライトプランならそこまで気にする必要はありません。

むしろこれだけの性能を初期費用不要、月額2,000円で使えるのはかなりコストパフォーマンスが高いです。

ギガらくWi-Fiを検討されている方は、ライトプランならデメリットの違約金もないためおすすめです。

ギガらくWi-Fi|プランの違いを比較!おすすめはライトプラン

法人ならギガらくWi-Fiのメリットが多い!デメリットはライトプランで解消

記事のまとめ
  1. ギガらくWi-Fiは簡単な設定や、NTTのサポートなど法人にはメリットが多い
  2. 違約金や家庭用では割高になるのがデメリット
  3. ギガらくWi-Fiライトプランなら、デメリットもカバーできておすすめ

ギガらくWi-Fiは、法人向けのWi-Fiサービスです。

サポートやセキュリティ対策など、初心者でも簡単に管理できるメリットが多いです。

一方で、高額な違約金や、家庭用には割高になるのがデメリットになっています。

法人の方でギガらくWi-Fiを使うなら、違約金の低いライトプランから試してみましょう!

今なら光回線と申し込めば、キャンペーンを活用して最大5万円のキャッシュバックがもらえます。

キャッシュバックを使えば、光回線の初期費用と3ヵ月分の月額費用が実質無料になるため、ぜひチェックしてみてください。

▼最大5万円のキャッシュバック▼

ギガらくWi-Fiを今すぐチェック\1日67円で使える業務用Wi-Fi/

ギガらくWi-Fiを申し込んでキャッシュバックをもらう方法!

法人用なら「ギガらくWi-Fi」で決まり!特徴や口コミを徹底解説