法人|Wi-Fi

ギガらくWi-Fiの解約は電話連絡でOK!違約金も詳しく説明

記事のまとめ
  1. ギガらくWi-Fiの解約はNTTへ電話連絡
  2. 解約前に違約金が必要か確認
  3. 意図しない高額な違約金は初期契約解除制度を検討

ギガらくWi-Fiを契約したけど、どうやって解約したらいいか分かりにくいですよね。

「解約の連絡はどこへしたらいい?」

「必要な手続きは?事前に用意することはあるのかな…?」

ギガらくWi-Fiの解約は、電話でNTTへ連絡すれば完了です。

解約に契約時にNTTから渡されたお客様IDが必要になるため、あらかじめ準備しましょう。

解約にはプランや利用期間に応じた違約金が必要です。

この記事では、ギガらくWi-Fiの解約方法や解約に伴う解約金ついて、分かりやすく解説をしていきます。

短期の開拓は高額な違約金請求に繋がるため、申込前に良く確認しておきましょう。

『違約金さえなければ、ギガらくWi-Fiを使ってみたい!』と思った方は、ライトプランを試してみるのがおすすめです。

初期費用不要、月額2,000円で使えて、違約金は一律5,000円とコストパフォーマンが高いです。

▼最大5万円のキャッシュバック▼

ギガらくWi-Fiを今すぐチェック\1日67円で使える業務用Wi-Fi/

ギガらくWi-Fiを申し込んでキャッシュバックをもらう方法!

法人用なら「ギガらくWi-Fi」で決まり!特徴や口コミを徹底解説

ギガらくWi-Fiの解約方法はNTTへ電話すればOK

ギガらクWi-Fiの解約には、NTTへ電話連絡して対応してもらう必要があります。

電話連絡をした際の本人確認には、契約時に通知されたお客様IDが必要なため、あらかじめ手元に用意しておきましょう!

電話連絡をしたら、後日返却キットが郵送されてきます。

返却キットへWi-Fiを入れて送り返したら、解約手続きは完了です。

ギガらくWi-Fiの解約方法と必要な手順

  1. 解約はNTTへ電話連絡
  2. 契約時のお客様IDが記載された書類を用意
  3. 解約の連絡をしたら、返却キットへ機器を入れて返送

ギガらくWi-Fiの解約はNTTへ電話連絡

ギガらくWi-Fiの解約に関する連絡は、NTTへ直接連絡が必要になります。

連絡先はNTTの総合受付である0120-116-116です。

解約に関する問い合わせ先

  • 連絡先 0120ー116―116
  • 受付時間 9:00~17:00

NTTには用途に応じて様々な連絡先がありますが、ギガらくWi-Fiの解約に関する問い合わせ先はこちらだけになります。

ギガらくWi-Fiの解約は契約時の書類があると便利

ギガらくWi-Fiの解約には、お客様の本人確認が必要になります。

NTTでは契約時にお客様IDが記載された開通のご案内(契約書)が発行されます。

解約に必要なお客様ID

契約時にメールにて送られた番号が必要

ギガらくWi-Fiの場合、契約時に登録したメールアドレスへメールへ送信されています。

電話連絡前に忘れずに用意しておきましょう。

解約手続きをしたら返却キットへ入れて返送

ギガらくWi-FiはNTTからレンタルした機器のため、解約に伴い返却をする必要があります。

1週間ほどでNTTから返却キット(ギガらくWi-Fiを返送する箱)が送られてくるため、返却キットへ付属品を入れて返却しましょう。

ギガらくWi-Fiを返却する方法

  • NTTから送られる返却キットへ入れて返送
  • 返却キットには、ギガらくWi-Fi、ACアダプター、LANケーブルを入れる

返却に必要な機器については、返却キット内に手順書がはいっています。

返送漏れは2度手間になるため、忘れずに確認をしておきましょう。

最大10万円?!ギガらくWi-Fiの解約前に違約金を確認

ギガらくWi-Fiを短期間で解約する場合、契約したプランに応じて違約金が必要になります。

契約プラン、利用期間によりますが、最大で10万円以上の違約金が必要です。

解約時期は違約金を含めて考えるべきです。

ギガらくWi-Fiの違約金はプランによって違う

ギガらくWi-Fiの違約金は、契約したプランと継続利用期間によって大きく変わります。

ハイエンド、ベーシックは最低利用期間内なら、残月数に応じた違約金が必要です。

プランごとの違約金の違い

▶▶▶右にスクロールできます

月額費用 最低利用期間 違約金
ハイエンド(5年) 3,300円 60ヶ月 残月数×1,800円
ハイエンド(2年) 4,480円 24ヶ月 残月数×4,480円
べーシック 2,980円 24ヶ月 残月数×2,980円
ライト 2,000円 24ヶ月 一律5,000円

こちらの表から分かるように、プランによって最低利用期間、違約金の計算方法が変わります。

簡単に言えば、短期に解約したハイエンド、ベーシックは違約金が高額です。

ライトプランは契約期間に関わらず、一律5,000円になります。

ギガらくWi-Fiの違約金一覧!これを見ればすぐ解決

ギガらくWi-Fiを解約するにあたっての違約金は、プランによって変わり分かりにくいため、こちらの表へまとめました。

ハイエンド5年プラン、ハイエンド2年プラン、ベーシックプランを一覧にしています。

ライトプランは契約期間に関わらず、一律5,000円のため省略しています。

最低利用期間ごとの違約金一覧

▶▶▶右にスクロールできます

ハイエンド(5年) ハイエンド(2年) べーシック
1ヶ月目 108,000 107,520 71,520
2ヶ月目 106,200 103,040 68,540
3ヶ月目 104,400 98,560 65,560
4ヶ月目 102,600 94,080 62,580
5ヶ月目 100,800 89,600 59,600
6ヶ月目 99,000 85,120 56,620
7ヶ月目 97,200 80,640 53,640
8ヶ月目 95,400 76,160 50,660
9ヶ月目 93,600 71,680 47,680
10ヶ月目 91,800 67,200 44,700
11ヶ月目 90,000 62,720 41,720
12ヶ月目 88,200 58,240 38,740
13ヶ月目 86,400 53,760 35,760
14ヶ月目 84,600 49,280 32,780
15ヶ月目 82,800 44,800 29,800
16ヶ月目 81,000 40,320 26,820
17ヶ月目 79,200 35,840 23,840
18ヶ月目 77,400 31,360 20,860
19ヶ月目 75,600 26,880 17,880
20ヶ月目 73,800 22,400 14,900
21ヶ月目 72,000 17,920 11,920
22ヶ月目 70,200 13,440 8,940
23ヶ月目 68,400 8,960 5,960
24ヶ月目 66,600 4,480 2,980
25ヶ月目 64,800 0 0

最低利用期間が24カ月のハイエンドプラン(2年)、ベーシックプランの場合、25ヶ月目以降は違約金が不要です。

同様に最低利用期間が60ヶ月のハイエンドプラン(5年)の場合、違約金が61ヶ月目以降は違約金が不要です。

ハイエンドプラン(5年)は月額費用が多少安くても、5年以内の解約は違約金が必要です。

申し込み前に違約金のリスクはしっかり確認しておきましょう!

ギガらくWi-Fiの高額な違約金に困った!相談先や対応方法

ギガらくWi-Fiの解除をしようとして、意図しない高額な違約金を請求されたら驚きますよね。

残念ならが基本的には、高額な違約金を逃れるすべはありません。

ただし個人の方は、初期契約解除制度を使えば、契約から8日以内の解約に伴う違約金は不要です。

もし違約金に納得できなければ、解約の連絡と合わせてNTTへ相談してみましょう。

ギガらくWi-Fiの高額な違約金に困ったら

  1. 個人なら「初期契約解除制度」の適応を検討
  2. ギガらくWi-Fiの違約金に納得できないならNTTへ相談

個人なら「初期契約解除制度」の適応を検討

もし意図しない契約で高額な請求をされたら、初期費用解除制度を使えないか検討すべきです。

初期費用解除制度とは、光回線やポケットWi-Fi、スマートフォンなど通信商材について、消費者が契約内容を理解せずに契約してしまった場合の契約解除措置です。

対象となる主な例はこちらです。

  • 契約時には理解できていなかったが、契約書を見たら高額な請求をされることに気が付いた
  • 営業が来て契約をしたが、実際は高齢者で契約内容を理解していなかった

申し込み商品を解除するのに一般的なクーリングオフは、通信に関係する商材には適応されません。

クーリングオフに代わる制度として、総務省が設けたのが初期費用解除制度になります。

初期契約解除制度

  • クーリングオフに似た制度
  • 使った使用料の支払は必要だが、高額な違約金の支払義務はなし
  • 契約から8日間が経過するまでは、通信事業者の合意なく一方的に解約できる制度

出典:総務省

初期契約解除制度は、契約から8日間以内に手続きが必要です。

契約から8日が過ぎてしまえば、初期契約解除制度は使えないので注意してください。

ギガらくWi-Fiの違約金に納得できないならNTTへ相談

意図せずギガらくWi-Fiの違約金を支払うことになっても、現状の制度では違約金の支払いを逃れるすべはありません。

ただし違約金に納得できない場合は、解約手配と合わせてNTTへ相談をしてみましょう。

NTTでも強引な営業について注意喚起しているため、相談の余地があるかも知れません。

NTT東日本とは関係ないにもかかわらず、NTT東日本と称したり、NTT東日本とあたかも関係があるような事実に反した説明をするなどして、電話料金や基本料金が安くなると言い、強引な契約を迫る悪質販売勧誘が発生しています。

出典:NTT東日本をかたった強引なセールスにご注意ください

真偽は不明ですが、こちらのブログでは「違約金を取り消してもらった経験談」を紹介されています。

今回の件は、こちらの対応が遅かったこともありますので、違約金、2月以降の利用料金も不要で解約とさせていただきます。

出典:解約違約金10万円が取り消された話

ギガらくWi-Fiの違約金に悩まない!ライトプランはおすすめ

記事のまとめ
  1. ギガらくWi-Fiの解約はNTTへ電話連絡
  2. 解約前に違約金が必要か確認
  3. 意図しない高額な違約金は初期契約解除制度を検討

ギガらくWi-Fiの解約はNTTへ電話連絡して、Wi-Fi本体をNTTへ返却すれば完了です。

手続きにはお客様IDが必要なため、あらかじめ準備しておきましょう。

違約金は契約プランや継続利用期間によって変わるため、あらかじめ確認しておくのをお勧めします。

もし違約金に納得できなければ、初期契約解除制度の活用や、NTTへの相談を試してみてください。

『違約金さえなければ、ギガらくWi-Fiを使ってみたい!』と思った方は、ライトプランを試してみるのがおすすめです。

初期費用不要、月額2,000円で使えて、違約金は一律5,000円とコストパフォーマンが高いです。

▼最大5万円のキャッシュバック▼

ギガらくWi-Fiを今すぐチェック\1日67円で使える業務用Wi-Fi/

ギガらくWi-Fiを申し込んでキャッシュバックをもらう方法!

 

法人用なら「ギガらくWi-Fi」で決まり!特徴や口コミを徹底解説